とある投資セミナーで不況の時こそ不動産を購入しよう。ということを言われたことがあります。関連した話です。

親切な不動産の担当者

不況の時こそ不動産を買おう?

社会の中においてみなさんが一番怖い現象としては何かありますか。それは人によって大きく異なってくることだとは思います。しかしそのような中において働いている社会人の人にとってみては不況はとても怖い現象ではないでしょうか。特に景気に左右されるようなビジネスを展開している人からしてみるとそれは、厳しい現状となってくるのです。そのような中において私が参加したことがある投資セミナーの中において講師の方がこのようなこを言っていました。それは不況の時こそ不動産に投資をしよう。ということだったのです。その真意とは一体何なのでしょうか。今回はそこに注目をして話をしていきます。

やはり不動産の場合には不況になってくると、価格自体が低下してくるそうです。ですから好景気の時よりは安く購入することが出来るということなのです。その安くなった地点で購入をし、放置しておくことによって景気が良くなった際に価格としては倍になっていることがあるのです。それを狙うために不況の時に購入を推進したいと言っていました。しかしそれは大きな賭けとも言うことができるんですけどね。もしもきちんと調査をした上で可能性として高いと感じる場合にはそのような投機に近い投資をしても良いのかもしれません。