働く女性が増えている現在、不動産業界求められているのはより女性がリラックスできる空間作りです。

親切な不動産の担当者

働く女性が不動産業界に求めるものとは

近年、結婚しない女性が増えています。又、結婚しても働き続ける女性は増え続けている現状があります。こういった仕事を持ち、一定の収入がある女性が今後の住宅市場には大きな影響力を持つだろうと言われています。昔から、住宅を選ぶ際は女性の意見が大変大きく、最終的な決定権は一家の大黒柱の男性ではなく女性にあるとされてきました。だから、より主婦目線で女性が気に入るような商品作り、開発を進めてきたという不動産会社は多いと思います。でも、今後はより進んで自分の仕事を持ち、働く女性や主婦を意識した戦略が必要になってくるでしょう。

働く女性が住宅に求める機能とはどういったものがあるのでしょうか。例えば、浴室換気乾燥機、ウォークインクローゼット、オール電化などが挙げられます。又、時間の無い働く女性にとってはお掃除やメンテナンスのしやすい住宅というのも大切なポイントです。フロアに余分な段差や溝がなく、簡単にモップをかけるだけで綺麗になるとか、食洗器が標準装備になっているなどです。働く女性にとっては、家というものが1番リラックスできる場所であって欲しいので、出来るだけ家事労働の負担を軽減してくれる住宅というのが求められているのです。

【参考】