不動産屋に対して遠慮と言う言葉が基本的にいらないと言う事などを日記感覚で簡単に書いています。

親切な不動産の担当者

不動産屋に対して遠慮はいりません。

賃貸マンションなどを探している人はやはりその地方の不動産屋に行って契約をすると思います、ですがこの前ネットの掲示板で見たのですが「賃貸を探しに不動産屋に行った所まではいいが自分の条件を詳しく伝える事ができなかった。」、そんな言葉を見たのですが個人的な意見として不動産屋に対して遠慮と言う言葉はいりません、不動産屋に気に入られた方がいいと言う考えを持っている人も中にはいるかもしれませんがやはり自分が住む所は自分が望んだ条件に合って初めて不動産屋を利用してよかったと思う事ができると思いますよ、また不動産関係の知識に乏しいと思われたくないという方も「知識がないのは当たり前」と言う形でどんどん質問や条件を出す方が最終的に良い結果に繋がると思います。

日本人はとりあえず最初は下からものを言う傾向が強いと自分がネットサーフィンをしている時に見たサイトに書いてありましたが不動産関係の契約に関してはこのような感情は外して不動産屋の人と契約を進めていきましょうね、「自分が最終的に納得いく物件を探す」と言うのがやはり最大のテーマですからね、ちなみに知識がないと少し不安と言う人はネットなどで不動産屋の専門用語集などを見て知識を得てから不動産屋に行くと言うのも1つの手ですよ。