問題のある不動産物件を購入したとき、瑕疵が確実に実行される法律があります。それを利用して補修してもらいます。

親切な不動産の担当者

問題のある不動産を購入してしまった場合

安い製品を購入して失敗したと思うことがあります。同じような性能のもので、今までは有名メーカーのものを購入していました。それと同等の性能があるとされていて、無名メーカーで非常に安いものがあったのです。買って使ってみたら、すぐに故障をしてしまいました。価格自体が安いことと、外国メーカーで、日本での保証をしてもらうのも大変そうだったので諦めました。問題のある商品はそれなりのことがあります。諦められる金額であればよいです。

不動産において、問題のある物件を購入してしまった場合にどうなるでしょうか。一戸建ての住宅を購入して、問題点が見つかりました。瑕疵の補修が必要な問題点です。業者に問い合わせをしようとしたところ、なんとその業者が消滅していました。こうなるとどこに補修を求めたら良いかわかりません。補修を求めたとしても、当然別途のお金がかかってくることになります。お金を払って補修をしてもらう事になりますが、負担は大きいです。

現在においては、住宅瑕疵担保履行法があります。こちらは、補修を確実に行えるための保険があることです。もし業者が消滅していても、一定金額まで補修費用が出されるようになっています。その制度を利用して対応します。