不動産の住宅では、換気がうまく出来る仕組みになっているかです。換気口が、風の流れを作りやすくしているかです。

親切な不動産の担当者

不動産の住宅で換気がうまく出来るか

マンションで焼肉や焼き魚を焼いたりすると大変なことがあります。換気扇やレンジフードを回し、窓を全開にしたりして換気をします。それでもいろいろなものににおいが付いてしまうことがあります。これらについては、特に有害ではありませんから、においがつくのを我慢するだけで良いのです。近所までそのにおいが行かないようには気をつけたいです。空気においては、気がつくにおいもありますが、気が付かないものもあります。気がつかないにおいが漂うと困ります。

そのために、不動産の住宅においては、一定の換気の設備が取り付けられています。台所に換気扇やレンジフードがあります。その他トイレや浴室などにも一定の換気の仕組みが取り付けてあるでしょう。もし有害な物質があるとしても、換気ができていれば次第に少なくなります。生活するのに問題のない量に減らすことができます。マンションは窓などが少ないことから機械による換気を行うことがあります。24時間換気などを設置しているのです。

換気口や換気扇については、ただついていれば良いわけではありません。うまく換気ができるように取り付けられているかです。風の流れは対角線状の風の流れを作ることによって行われます。窓などがなければ換気しにくくなります。