借金や借入金の担保として不動産が押さえられることがとても多いですよね。それは一体どうしてなのでしょうか。

親切な不動産の担当者

どうして担保として不動産が押さえられることが多いのか

人生の中においてお金を借りた経験がないという人はいますか。おそらくそのような人はほとんどいないと思います。大人になってからはないという人はいるとは思いますけど、子どもの時には親から借りていたという人もいると思います。そのような中においてもしかすると借金を現在、持っている人もいるかもしれませんね。そのような場合担保が必要となってくるほどの大きな金額を借りている人もいるのではないでしょうか。それでは実際に担保としては一体何を入れていますか。今回はそのような面に注目をして話をしていきます。私の知人の中に、借金問題を取り扱っている弁護士がいます。その人曰く担保のほとんどは不動産らしいのです。どうして不動産なのかと疑問を思っている人もいるかもしれませんが案外単純なことなのです。

それは、やはり不動産はある程度の金額がしますよね。そして借金をしている人の中で最も高い所有物と言えば不動産だかららしいです。ですから鑑定されて不動産よりも高い所有物があった場合には、それが担保として確保されるという仕組みなのです。しかし担保にされた場合、借金を支払えない場合にはそれを手放さなければなりません。そしてその不動産を売却しても返済できない場合には返済は持続してしまうのです。借金はしないようにしましょうね。

【参考】